小牧市・犬山市・岩倉市・一宮市・江南市でお葬式を提供するシオン会館の「お知らせ・お客様の声」ページ

お知らせ・お客様の声

葬儀のいろは
2020.04.30

相続放棄・限定承認・準確定申告の手続きの意味と方法について

相続放棄 とは

  申述期間
  申述先
  申述に必要な費用
  申述書を記入するうえで確認すべきこと
  相続放棄における注意事項

限定承認 とは

  申述期間
  限定承認における注意事項

準確定申告 とは

  準確定申告の期限
  準確定申告における注意事項

・相続手続きの主な流れをご紹介しています。こちらも併せてご参考ください。
 「相続について


・相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がないこと。
 相続放棄をするには、家庭裁判所にその旨の申述を行う必要があります。
・被相続人に負の遺産があった場合に、法的に債務を引き継がないために必要な手続きです。

申述期間

・相続の開始があったことを知った時から 3か月以内 にしなければならないと定められています。

申述先

・被相続人の最後の住所地の家庭裁判所

申述に必要な費用

・収入印紙800円分(申述人1人につき)
・郵便切手 計270円分ほど(申述先の家庭裁判所に確認してください)

申述書を記入するうえで確認すべきこと

・亡くなった方の本籍と住所
・相続財産の概略

相続放棄における注意事項

・相続放棄申述書に押す印鑑は実印(印鑑登録された印鑑)でなくて大丈夫です。
 ただし、相続人は多くの場合、同姓であるため、同じ印鑑を使いまわさないようにしましょう。
・遺産分割協議書に実印を押しても、相続放棄をしたことにはなりません。
 債務がある相続では十分注意してください。
   

申述書の書き方や相続の進め方に不安のある方は、早めにご連絡ください。
相続の放棄の申述について
(裁判所ウェブサイトへリンク)


・被相続人の債務がどの程度あるか不明で、財産が残る可能性もある場合などに、相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐこと。

申述期間

・相続の開始があったことを知った時から 3か月以内 にしなければならないと定められています。

限定承認における注意事項

・限定承認は相続人全員が共同しておこなう必要があり、相続財産の状況調査や、受理された場合は相続財産の清算手続きをおこなわなければなりません。
 そのため限定承認をおこないたいとお考えの場合は、専門家に相談することをおすすめします。


・被相続人が確定申告をされていた場合、つまり収入を得ていた場合に必要になる事があります。
・相続の際、絶対に準確定申告が必要になる訳ではありません。
・被相続人に申告する所得がなかった場合など、確定申告そのものが必要ないのであれば、準確定申告の手続きは不要です。

確定申告が必要な方
(国税庁ウェブサイトへリンク)

準確定申告の期限

相続の開始があったことを知った日の翌日から 4カ月以内 と定められています。

準確定申告における注意事項

・申告手続きに不慣れな相続人にとって、確定申告自体、簡単な手続きではありません。
 不安のある方は早めにご連絡ください。

・相続に関する手続きなどでお困り、または不安にお思いの方は、シオンカスタマーセンターへご連絡ください。

江南市・岩倉市・犬山市・小牧市・春日井市・一宮市・扶桑町の葬儀、家族葬は、シオンにお任せください。
【シオン カスタマーセンター】
TEL:0120-000-400