小牧市・犬山市・岩倉市・一宮市・江南市でお葬式を提供するシオン会館の「お知らせ・お客様の声」ページ

お知らせ・お客様の声

葬儀のいろは
2020.03.03

「葬儀」の4つの意味

大切な人への切実な想い、残された者の深い悲しみ、
そしてそれらを共有する皆々と共に手厚く故人を葬る「葬儀」には、
以下のような4つの意味がございます。

(1)社会的な活動の停止
  人の死に伴い、社会的にその死を通知したり、関係縁者が集まりその死を確認します。
  公的機関や契約、相続などの手続きも含まれます。

(2)ご遺体の処理(火葬・土葬する)
  死後、ご遺体は細菌の増殖や自らの胃酸などの消化液により、自家融解を起こし腐敗が進行します。
  衛生的な面と死者の尊厳を守るためにも、土葬や火葬といった手段でご遺体の処理を行います。

(3)悲嘆の気持ちを受け入れること(心理的な処理)
  大切な人や近しい人の死は、周囲の人に衝撃を与え、悲しみや心の痛みを引き起こします。
  その程度や回復にかかる時間は人それぞれですが、死別の悲嘆を抑制したり避けようとするのではなく、
  心から悲しむことによって、心は癒されていくものです。
  葬儀の一連の過程は、悲しみを受け入れて気持ちを回復するための一翼を担います。

(4)霊魂を供養する(宗教的・文化的な処理)
  葬儀は亡くなられた方の霊魂を、「この世」(現世)から「あの世」(来世)に送り出す作業です。
  この作業は、一般的に宗教的、または文化的な儀式により行われ、
  これにより死者と残された者との間に新たな関係を作り出し、心の切り替えをしていくのです。

江南市・岩倉市・犬山市・小牧市・春日井市・一宮市・扶桑町の葬儀、家族葬は、シオンにお任せください。
【シオン カスタマーセンター】
TEL:0120-000-400