小牧市・犬山市・岩倉市・一宮市・江南市でお葬式を提供するシオン会館の「お知らせ・お客様の声」ページ

お知らせ・お客様の声

葬儀のいろは
2021.12.30

仏壇にお供え物をする理由って?種類やルールも説明します

線香と並んで仏壇に付き物なのがお供え物です。果たして仏壇にお供えものをする時には、何か決まり事や注意点はあるのでしょうか?
今回はお供え物について詳しく解説していきます。

【目次】
1. 仏壇にお供え物をする理由
2. お供え物のルール
3. お供え物で避けたほうがいい物
4. まとめ

1. 仏壇にお供え物をする理由

お供え物について説明する上では「五供(ごくう)」という考え方が重要になってきます。
五供は花・香・灯燭・浄水・飲食の5つの要素を指し示した言葉です。

五供とは

生花や造花を指します。仏壇に花をお供えすることで、故人の方を楽しませることができます。

お香やお線香を指します。仏教ではそれらに浄化作用があると考えられているため、仏壇で供養をする人の心身を清めることができます。

灯燭

ろうそく等の灯りのことを指します。その灯りによって煩悩を取り除くことができます。

浄水

飲料のことを指します。飲料といっても何でもいい訳ではなく、基本的には水かお茶を備えましょう。これを行うことにより人の心が洗われます。

飲食

飲食が一般的なイメージのお供えに当たります。ご飯やお菓子などをお供えすることによってご先祖や仏様に感謝を伝えることができます。

このように一口にお供え物といっても種類があります。仏壇にお供え物をする理由については、ご先祖様や故人様の供養が目的です。

2. お供え物のルール

先ほど、仏壇にお供え物をするのは供養が主目的であると解説いたしました。
そのため基本的には五供の考えに沿って、故人様やご先祖様の好きだったものお供えをすれば問題ありません。なお、お供え物としてお菓子や果物といった食べ物を選ぶ場合、定番は以下です。

お供えに向いたお菓子や果物

お菓子

お菓子には和菓子と洋菓子があります。和菓子だとお饅頭・羊羹が無難だといえるでしょう。洋菓子はマドレーヌやゼリーを選ぶ方が多いようです。

果物

果物は可能な限り日持ちを優先して選びましょう。りんご・メロン・スイカ・みかん等が無難です。

3. お供え物には避けたほうがいい物

お供え物には避けたほうがいい物もあります。
代表的なのは肉や魚です。これらは殺生をイメージさせてしまうことがあり、お供えには不向きだといえるでしょう。またニンニクやネギのように香りが強かったり、飴やチョコレートといった溶けやすいものも避けることを推奨します。

4. まとめ

今回は仏壇には付き物のお供え物について解説してきました。自宅に仏壇があり、毎日なんとなくお供えしているという方や、法事の際のお供え物に悩んでしまうという方は今回の記事を参考に、正しい方法でご先祖様や故人様を供養してみてはいかかでしょうか。

シオン倶楽部 会員特典
シオン倶楽部入会フォームへ