小牧市・犬山市・岩倉市・一宮市・江南市でお葬式を提供するシオン会館の「お知らせ・お客様の声」ページ

お知らせ・お客様の声

葬儀のいろは
2022.09.23

神道形式の葬儀とは?葬儀の流れやマナーを紹介

神道形式の葬儀と聞くとあまりピンとこない方も多いでしょう。それもそのはず、現代の日本の葬儀の多くは、仏教形式で行われているためイメージが付きにくいのです。しかし、大きな神社があり古くからその影響を受けているような地域では神道形式の葬儀が執り行われることもあるようです。そのほか、故人の遺言や遺族の意向などで神道形式の葬儀が行われることもあります。

そこで、今回は神道式の葬儀の流れやマナーなどを紹介いたします。実際に参列する際には、この記事を参考にしてくださると幸いです。

【目次】
1. 神道式の葬儀の流れ
2. 神道形式の葬儀のマナー
3. 神道形式の葬儀の注意点
4. まとめ

1. 神道式の葬儀の流れ

日本の葬儀は仏教形式で行われることが多くなっていますが、地域の風習で神道形式の葬儀が行われることがあります。

伊勢神宮の影響を色濃く受けているといわれる三重県一帯では神道形式が多く行われ、茨城県の一部地域でも神道形式で葬儀が行われることがあるそうです。また、最近では故人や遺族の意向で神道式の葬儀が営まれることもあります。神道式の葬儀を請け負う葬儀会社もあるので、遺言などで神道式を指定されたときは相談してみましょう。

仏教でいう仏壇のことを神道では「祖霊舎」と呼んでいます。まず先祖が祀られた祖霊舎に身内から故人が出たことを報告しますが、これを「帰幽奉告」と呼びます。神道形式の葬儀では、人が他界すると祖霊舎や神棚に半紙を貼り付けて封をします。これには、先祖の霊が使者の汚れに触れないようにする意味があるとされています。

また、亡骸は北枕に安置し神社同様のしめ縄や紙垂をつけたお棺に納めます。
そして、通夜に該当する通夜祭の後、遷霊祭が行われます。仏教でいう位牌に相当するものを神道では霊璽と呼び、故人の魂を霊璽に遷す儀式が遷霊祭です。葬儀のことは「葬場祭」と呼び、その後に火葬する流れは仏教式と変わりません。

2. 神道形式の葬儀のマナー

葬儀に参列する際の服装は仏式も神道式も変わらず、ごく一般的な喪服で問題ありません。男性であれば黒のスーツ上下に黒いネクタイ、女性は黒の上下やワンピースです。ただ、仏式の葬儀には必需品の数珠は神道式には不要です。

葬儀会場は自宅や葬儀場などで、神社で行うことはまずありません。初めて神式の葬儀に参列する人は戸惑うことがあるかもしれませんが、周囲の人のやり方をよく見て同じように行うのがいいでしょう。

3. 神道形式の葬儀の注意点

通夜・葬儀の席でよく使う言葉に「成仏」、「供養」の他、「冥福」などの言葉がありますが、これらはいずれも仏教用語であり、魂が冥途で転生する「輪廻転生」に由来しています。神道では「魂は家の守護神になる」という教えのため、遺族に挨拶する際には「成仏」、「供養」、「冥福」を口に出すことは控えてください。

香典袋の表書きは神道式では一般的に「御玉串料」です。とはいえ、事前に神道式で行われることが分かっている場合は不祝儀袋の準備もできるますが、葬儀会場に行ってみたら神道式の葬儀だったという場合もあるかもしれません。そんなときに備えて仏教式同様に「御霊前」と書かれた不祝儀袋を持参しても構いません。その名の通り「霊の前に捧げる」という意味を持っています。

金額の目安は親族で2〜10万円、知人や仕事の関係者は5000〜2万円程度で、仏式と変わりはありません。焼香ではなく玉串を捧げるなど、仏教式の葬儀とは異なる点があるので、注意してください。

4. まとめ

仏教式の葬儀に参列した方は多くいらっしゃるかと思いますが、神道式の葬儀に参列した経験がある人は意外と少ないのではないでしょうか。できれば弔事とは無縁の日々を過ごしたいものですが、いつ訪れるかわからないのが突然の不幸。神道式の葬儀に参列する際はこの記事を参照にしていただけると幸いです。

シオン倶楽部 会員特典
シオン倶楽部入会フォームへ